小学校受験リラックス方法を解説します

小学校受験は子供が最初に経験する試練であり、長い人生においても何回も経験することになるシビアな時間です。子供はもちろんのこと、その親も同様の緊張感に包まれ、小学校受験に向けて数多くの訓練、勉強などを積み重ね、親子ともに苦しい時間を共有し、本番を迎えることになります。緊張、プレッシャーに襲われるということは子供自体はそれほどの認識はなくても、普段との違い、周りの環境の変化などその部分に戸惑う部分があるだけでなく、親自身が緊張することで余計な影響を子供に与えるということも十分にあります。そのため、小学校受験においてはいかにリラックスできるかが大事であり、その方法を知っておくことで親子がリラックスした状態で本番に臨むことができるようになります。

充実感や達成感、自信がリラックスにつながる

平常心さえ保つことができればリラックスは容易にできます。その平常心を保つには、ここまで頑張ってきたという充実感や達成感、やれることはすべてやってきたという自信によって成立します。緊張は不安感によるものが多く、あれをしとけばよかった、これをしとけばよかったと思うことで徐々に体を覆うように緊張が襲いかかるようになります。当日に緊張感に襲われないようにするには、小学校受験の準備段階から、充実感や達成感、自信が得られるようなやり方をしていくことが大切です。メンタル面で弱いと指摘されがちな子供は、厳しく指導されてきた子供が多く、自信を失いがちな傾向にあります。指導する際にも、この部分に注意することが大切であり、指導の方法、子供との接し方を今一度確認しておくことが必要です。

子供は周りをよく見ていることを知る

子供にはのびのびさせて小学校受験をさせることが求められ、なるべく情報を与え過ぎないということも重要です。大人であれば、情報の取捨選択などができますが、子供、まして就学前の段階では情報の取捨選択、情報分析などできるはずがありません。小学校受験を成功させた親の中には小学校受験であることすら教えず、単に遊びに行くとしか子供に言わずに受験させ合格させたケースもあります。子供は思った以上に周りをよく見ており、親の顔色をうかがいます。親の焦り、いらだちは確実に子供に伝わります。社会勉強としてチャレンジするという軽い気持ちで親が臨むことができるかどうか、そして、失敗してもいい経験になったと前向きに思えるかどうかが大切です。緊張を隠さず、笑顔でそのことを子供に伝えるのも場合によってはプラスに働きます。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし