今後の成長に役立つ小学校受験対策

小学校受験は、質のいい学習環境を小さい段階から確保し、キャリアを人生において積み重ねていく上において非常に大切なものになっています。中学受験から意識するという人が多い中で、小学校受験はそういう意味では貴重な経験と言えます。ただ、合格しなければ意味がないというものではなく、小学校受験で学んだこと、経験したこと、感じたことは必ずや将来において、近い将来でいえば中学受験や高校受験などで活かされることになります。性格や人格など、人間の根幹となる部分は若いうちに大きく左右されます。そうしたことをしっかり意識させたうえで受験に挑ませるということも親としては必要であり、子供の接し方としてどうすべきかどうか、親としても真剣に考えていくことが求められます。

多くの親が反省する、叱りすぎるという問題

小学校受験において、多くの親が口にする反省点としてつい叱ってしまう、叱りすぎてしまうという問題があります。小さな子供に難しいことを強いるという感覚をつい忘れてしまい、なぜできないのかと頭ごなしに言い、子供のやる気や自信を失わせてしまいがちです。それが強くなると、親への反発、自立心、自尊心の低下、自己肯定感の欠如、判断力の鈍化など様々な副作用をもたたします。小学校受験に成功させても、結果としてそれらの副作用が強く出てしまえば、何かしらの挫折の際に立ち直ることが難しくなってしまいます。そうしたことからも、叱りすぎないということが大切であり、子供の感情、人格形成を第一に考え、自分が子供ならどうするか、どう思うかということを感じ取り、接していくことが今度の成長に大きく左右します。

小学校受験は親も育ち、絆が深まる

今後の成長に役立つのは子供だけに限りません。親も小学校受験を通じて成長することになります。親が率先して先導するため、いかに子供をやる気にさせるか、勉強する意味とは何なのか、何のために頑張っているのかを子供に教えていく必要があり、その過程で学ぶことがたくさんあります。そうしたことが中学受験、高校受験などにつながり、意識を高めさせてくれます。また、家族全体で支えていくことになるため、苦しいこと、辛いこと、楽しいことなどはかなりの部分で共有されることになります。そうした経験が家族の絆となり、家族全体のつながりをより強固なものにします。小学校受験は子供のため、子供の成長だけではなく、親や家族全体の成長、関係性の深まりにも大きく寄与する大事なイベントであることがわかります。