小学校受験での成功例と失敗例

小学校受験を受けさせることで、早い段階から学習の習慣を身につけることができるだけでなく、行儀のよさやひたむきさ、課題に取り組む姿勢などを習得できるため、小学校受験に合格する、しないを問わず、多くの親が子供に小学校受験を受けさせようとします。その際に、何を目的としているかによって、本来の目的である効果を達成する、もしくは親が思っている以上の成果が出る場合もある一方、合格はできたものの何かしらの問題を残すケースや合格できないことでその後の人生に影を落とすケースなどもあります。合格させればそれでいいということはなく、子供の性格面の成長などを重点的に考えた上で小学校受験を受けさせることが求められ、親もそのような教育をしていく必要があります。

勉強漬けより親との時間が成功のカギ

小学校受験に成功したケースの多くは、兄や姉が1度小学校受験に失敗し、そこで学んだことを弟や妹の小学校受験で活かして成功させたというケースです。たいていの場合、兄や姉は勉強漬けにしたり、ライバルとの情報戦になったりし、親自身が冷静さを失うケースが多く、それに子供が巻き込まれることがほとんどです。それを反省し、塾でたくさん問題をこなすのではなく、質を高め、親子一緒に問題を解くなどのことをしていくことで子供らしさを保つだけでなく、親自身がプレッシャーで平常心を失うといったことを避けることができ、そうしたことが成功に結び付いています。いかに勉強をさせるかを考えがちですが、そうではなく、親との時間をどれだけ確保し、質のいい学習をするかが重要になっています。

父親と母親の教育方針の違いは致命的

小学校受験において致命的なことは、父親と母親で教育方針が違うことです。小学校受験をさせたい母親、子供はのびのびするべきだと主張する父親で意見がぶつかり合い、協力を得られないことがあります。面接を乗り切る際に父親と母親の連携や協力が必要不可欠ですが、これが得られないと成功からは大きく遠のきます。失敗する人の多くはこうした教育方針の違い、母親が過剰に意識し、子供に過度なプレッシャーを与えているなどのことが見られます。その際に、なぜこんなことができないのか、お前はダメな人間だなど子供を過剰に叱責する親もいます。こうすると、失敗した場合、自信を失いがちになり、親の顔色をうかがう子供になってしまいます。子供らしさを保ちながら、一緒に学んでいくという姿勢が小学校受験では求められます。