おすすめの小学校の受験対策を解説します

小学校受験にあたり、できる準備はすべてできたという人、急ピッチに準備してまだ足りない部分を感じる人、何もかもすべてが後手に回ったと思っている人など、何かしらのことを考えて本番に臨む人が大半です。本番に臨むにあたり、あまり過信しすぎること、そして、自虐的になってしまうことなどいつも通りではない感情になることはマイナスです。大切なことはいつも通りでいること、子供に必要以上のプレッシャーを与えないようにすることなどが求められます。そのためにも小学校受験の対策を少しでも多く知っておくことで気分を落ち着かせるということができます。小学校の受験対策といっても難しいものばかりではありません。簡単にできるものなども含まれており、すぐに実践できるものが多いです。

1年前から始まる小学校受験の準備期間

受験対策として知っておきたいのは、小学校受験は家庭でのしつけが重要となる点です。情緒的な教育や日本の文化や生活習慣が身についているかどうかを小学校受験では問われることになります。もちろんこれらのことは、小学校受験に関係なく、身につけておくべきことですが、これを機に家族が話し合うことになり、つながりが深まるだけでなく、楽しみながら身につけることができるようになります。どこの小学校を受けるかということも大事になります。その学校によっては、試験の問題形式や面接で聞かれることなども変わります。それに合わせて勉強をしていくことも大切であり、見ず知らずの人と話す機会も作り、面接対策に活かしていくことが必要で、これは子供だけでなく、親自身も一緒に行う必要があります。

入試の夏は親から子供を離して行動させる

最近の小学生受験は、入学後の生活に対応できない子供が増えたことから、社会性や協調性重視で、子供らしさを観察するという学校が増えています。また、身体にハンデを抱える人をどう思うかという質問を面接で投げかけるなど、時代に応じた質問が増え、今までの対策以外の部分が求められています。夏になると、勉強を詰め込むのではなく、キャンプや合宿に子供だけで行かせて、自立心を促すということがここ最近の新たな対策となっています。親に甘えてばかりの子供はなかなかリーダーシップを発揮したり、協調性を大事にしたりすることができません。自立することで周囲に気を配ることができ、協調性などを出すことができます。これからの小学生受験は詰め込みではなく、子供らしさ、自立心をいかに育むかが受験対策として求められています。

入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 小学校受験では子どもの資質と同様に重視される面接も伸芽会が徹底サポート。 学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 小学校の受験をお考えの方|伸芽会

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし